アコースティックギター選び方初めて買うなら中古を!?色は?

美しいですねこのギター。なんか見ているだけでも満足です。やはりいいギターは違います。初心者でもいいものを使うべきです。

アコギにこれから挑戦する人、ギター始めたばかりの初心者の方、楽器の練習はまずは、楽器を手に入れないといけないですね。

初心者だからいいものは買わない傾向がありますが、実は、初心者ほどいいものを使った方が上達が早いということは確かなことですね。

初心者だからと安物ギターを買うことはやってはいけないと思います。中古ギターは弾きこまれて、音もよく、弾きやすいように調整されているものが多いので、初めてギターを習う人にもおすすめです。

中古ギターの選び方や買うならどこで?についてお話します。

スポンサーリンク

アコギの選び方初めてでもおすすめしないものとは?

ギターを始めるきっかけは何でもいいのですが、いざギターはどうしようということになると、高額なギターを選ぶという人はどう見ても少ないです。ですから、安くて新しいものなら納得という人がほとんどです。

しかし、この「安くて新しいギター」は私の経験から見て、次のようにとらえています。

  • 1万円前後のギターは決していいものではない(可能性が大)
  • 初心者には弾きにくいギターが多い
  • 音色がよくないので、弾いていて心地よくない
  • チューニングが狂いやすい
  • セット物があるが、必要ないものが多い

ギターの上手な人たちのギターは、新品で購入しても自分の弾きやすいように手を加えています。

その弾きやすさの最も大きなポイントは、弦の高さです。

新しいギターのほとんどが弦の高さである弦高が3㎜程度で、この高さでも問題ないのですが、弾きやすくするには自分またはショップ等でパーツを加工して弦高を下げます。

弦高調整は、素人ができる加工とは言えません。経験がないならやらないほうがいい加工です。

安価なギターは弦高がかなり高くなっていることが多く、初心者のみならず、決して弾きやすいギターとはいえないのです。

ですから、初心者だからと言って、安いギターから始めることは、上達もしにくいですし、いずれ程度のいいギターが必要になる可能性が大きいので、お金の無駄になると思います。

ギターの弾きやすさや音色は千差万別ですが、初めてギターを習う人には、質のよいきちんと製造されたある程度値段の高いギターをおすすめします。

価格的には、新品でも5万円以上のものがおすすめです。

スポンサーリンク

アコギの選び方初めてなら中古をおすすめする理由

アコギの選び方で、初めて購入するとか初心者なら、中古のアコギを断然お勧めします。

友達で譲ってくれる人がいるなら、そのギターが安物ギターでなく、程度のいいものなら、ゲットしてもいいと思います。

わたしは、中古ギターを20年以上売り買いしました。中古ギターの方がいいギターが手に入ることがわかり、買うなら中古は断然お得と確信したからです。

新品を選ばずに、中古を選ぶ理由は、アコギは、年数が経つほど木材がよく乾き響きがよくなります。さらに、長年弾きこまれたアコギは、さらに音色がよくなり、新品のギターでは出せないものになります。

20年30年前に作られたアコギはその木材に非常に良い木が使用されていることが多く、当時は安価なギターであっても、現在の価値にすると、当時の何倍もの価値になっていることがほとんどです。また、日本のギター製造の技術は非常に高く、最近の外国で大量につくられる安価なギターとは比べ物になりません。

そんなよいギターが中古市場にはたくさんあります。ギターの基礎的な知識がないと、どれがいいのか判断は難しいところもありますが、それは何とかなります。

中古アコギのおすすめポイント

中古のアコギについては、賛否両論ありますが、私は自分の経験から初めてギターを習う人ならお金をケチらずに、いいギターを使ってほしいと本当に思います。

そのいいギターを思いのほか安く手に入れるなら、中古市場を探してほしいのです。

  • 古いギターでも丁寧に使われてきたものは初心者にも弾きやすいギターになっている
  • 5万円程度の値段でも現在で言えば10万円以上のギターに相当する(30年以上前のもの)
  • 比較的新しい時代の中古でもグレードの高いギターが安く手に入る
  • 一生モノのギターが手に入る可能性がある

中古のアコギを購入するためにどうすればいいのかついてお話します。

まず、中古のアコギのほとんどは試奏することができない、ネット販売やオークション、フリマであるということです。

ネットでの取引のポイントは、わからないことや疑問はどんどん質問するにつきます。これがしてもらえないようなサイトやお店であるならば、控えるか博打と思って購入するしかありません。

はっきり言えることは、楽器はしばらく使ってみないとその良さがわからないことです。湿気や乾燥によって響きが変わります。自分の地域と異なる場所で使われていたギターは自分のところにきてしばらくしてなじんでくるなんてこともあります。

だから、しばらく弾いてみてよさがわかるのですから、ネットで買ってもお店で買っても同じことです。

私の経験からして、粗悪品を売られたことは一度もありません。

中古品なので、その辺を理解できる人が取引する世界ですから、中古品は少々傷や打痕で傷んでいるけど、性能に問題はないということに満足できないとその価値に気づけません。神経質な方はどんどん質問でき返答が素直なお店や出品者と取引したほうがいいでしょう。

中古アコギを選ぶ時のチェックポイント

中古アコギの宝の山と言えば、ヤフオクです。

中古ギターの1万円以下のものから、10万円以上の高額ギターまで何でもあります。ブランドメーカーごとにも検索できるので、お目当てのモデルにも簡単に出会えるでしょう。人気モデルは高値が付くので、意外に高額になってしまいます。

ヤフオクの中古ギターは、ピンからキリまでありますし、どんなものなのかを購入前にきちんと確認することが欠かせません。基本的に返品不可ですから、不安な人は、ギター知識のある経験者に選んでもらうことをおすすめします。

ヤフオクやフリマでの中古ギター選びの重要ポイント

  • 弦高調整してあるものを選ぶ…3㎜は普通、2.5㎜あたりだと非常に弾きやすい
  • ネックの反りがなく、まっすぐなものを必ず選ぶ…ほぼ真っすぐという説明は信用してよいが、ロッドが動かないというギターはやめたほうがよい
  • ひびや割れがないか(ジャンク品として非常に安価にしてあることがある)…木部のひびはちゃんと修繕されていることが多い。
  • できれば丁寧に使われている方から購入する…画像の映りがよく、ギターの状態を細かく説明されているところは大いに信用できる。質問にも対応がいいところを選ぶ。

中古アコギおすすめのネット販売店

以下のサイトのお店から購入経験ありますが、とても信用できます。程度のいいギターが販売されていますが、人気のモデルは必ずと言っていいほどすぐに売れていますね。

さて、そんなおすすめのサイトがこちらです。

【Jギター】国内最大級のギター情報サイト、ギターや楽器を全国の楽器店から検索・通販

新潟の中古ギター専門店「ギターフロンティア」

Jギターは、全国のギターショップが販売しているギターを検索でき、注文できます。お店とのやり取りもスムーズなところが多いですし、問い合わせると電話でも色々と教えてくれます。何度かこちらも利用しています。

ヤフオクなどで見つけたギターのモデルをこのJギターで検索し、市場ではいくらで売られているのか、どんなギターなのかをチェックするときにも使っています。

ギターフロンティアさんは、YouTubeでおすすめモデルの紹介をしているので、時々見ます。このお店では、ほぼ中古ギターを紹介していますが、中古のギターのよさが本当によくわかる動画だと思いますので、参考までにご覧になることおすすめします。

すごくお得な価格で販売しているので、ここでお目当てのギターを購入できるとかなりラッキーです。

スポンサーリンク

アコギの選び方初めてならどんな色を選べばいいの?

ギターの色は、ギターの顔ですから、好みがわかれるところですね。私は、どちらかというと、カラーのない木材本来の色のプレーンなもので、だんだん色があめ色になってくるギターを好んでいましたが、最近では、茶色っぽく色づけしたテンキッドカラーと言われるのを購入しました。たまたまその色しかないギターだったのですが、非常に気に入っています。

その他にもサンバーストのギターもあります。最終的には、ギターは音の善し悪しや好みで選ぶようになると思います。

ライブやステージで目立つ色のギターも演出によっては必要ですが、個人で楽しむのであれば、落ち着いた色のギターの方が飽きが来ないと思います。

コレクション好きの方はどんどんギターを買ってしまう傾向はあります。私も10台ほど所有していましたが、全然弾くことがないギターもあり、保管場所にも困り、結局断捨離しました。

コレクター傾向にならないようにするには、いいギターを手に入れることですね。中途半端なギターを持つと、しばらくすると別のギターが欲しくなります。いいギターは一生ものですから、どんどん弾いて愛着以上の宝物になります。自分が死んだらこのギターはどうしようなんて、考えますね。

まとめ アコギの選び方は楽しむことが大事

アコギの選び方について、初めての方向けにお話ししました。

コロナ禍でギターや楽器を始めた人が増えたようですが、何でもそうですが、その好奇心や踏み出す一歩はとても大事です。

ササッと買うこともいいですが、ちょっとギター選びを楽しみましょう。きっと何か発見があります。そして、よりより買い物に向かうことになります。

ギターの世界は本当に奥が深いです。楽しみ方はいろいろあります。私は最近、初めてウクレレを買いました。ギターの音色では出せないことに気づき、ウクレレかあと思い、買ってしまいました。

中古でしたが、新品みたいで、中古楽器のよさをさらに思い知った次第です。

では、中古ギターをおすすめする理由のまとめです。

  • 中古ギターは初心者にも弾きやすいものが多い
  • 中古ギターは過去の職人の技が光る立派な造り
  • 中古ギターは音がいい
  • 中古ギターは高級ギターが安く買える

ギター初めての方には新品のギターを5万円で買うよりも中古の高級ギターを5万円で買った方が何倍もお得です。素人ほどいい道具を使えというじゃないですか。ギターも同様です。

アコースティックギター選び方初めて買うなら中古を!?色は?のお話でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました