50代からの恋愛観と恋愛事情!男性の行動と恋愛感情から恋愛テクニック

50代でも女性は年齢が重要なのではありません。気持ちです。若さは気持ちです。恋愛に終わりはありません。

恋愛というと、どうしても10代~30代頃までの若年層の人達がするものというイメージがありますよね。

確かに、実際に恋愛に夢中になるのはそういった若い人たちが多いのは確かですが、実際には恋愛を楽しんでいる50代以上の人も結構いたりするものです。

特に男性は、自立した生活が一人でできる女性と違い、女性パートナーを必要としている人も多かったり、精神的な拠り所をいつまでも求める傾向にあります。

更に、50代以上になっても夜の営みも衰え知らずという人も中にはいたりして、50歳を超えても青春さながらの恋愛をすることもあるのです。

この記事では、そんな「50代からの男性にとっての恋愛観と恋愛事情」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

50代以上の男性にとっての恋愛観

50代以上の男性は、特に年下の女性と恋愛関係になるケースが多く、中には20代、30代という若い女性とお付き合いする人も結構いたりします。

若い女性からすると、50歳以上の大人の男性は恋愛対象から外れているように思えますが、何割かの女性はその「包容力」や「経済力」に大きな魅力を感じ、恋愛対象として見ることもあるのです。

男性側からしても、若い女性と恋愛関係になることで、「まだまだ男としての価値がある」という自信にも繋がります。

心理学的にも、男性は元々「保護本能」が備わっている為、若くてまだ未熟な女性を見ると守りたくなってしまうのです。

自分が傍にいることで「守っている」という満足感を得られる為、若い女性と付き合うことは50代以上の男性にとってメリットがあると言えるのです。

また、上記のような若い女性との恋愛だけでなく、同年代の女性との恋愛をする男性も存在します。

これらの男性は、男としての価値や保護本能を満たすような恋愛観ではなく、精神的な繋がりや安心感を求める恋愛観を持っていると言えます。

精神的に深く繋がれる相手がいるということは、長く生きていく上で最高の幸福の一つなので、同年代の女性と穏やかな恋愛を送れることは非常に幸せな暮らしができていることの裏返しなのです。

スポンサーリンク

50代以上の男性の恋愛事情

実際に、ネットなどを中心に50代以上の結婚や恋愛相談所などが非常に増えてきていています。

「熟年離婚」という言葉が定着してきたように離婚する夫婦も近年では非常に多く、約3組に1組は離婚するとも言われているので、50代以上の男性であっても恋愛相手を探している人は非常に多いのです。

また、残念ながら妻という存在がありながらも他の女性との恋愛に落ちていってしまう50代以上の男性もいたりします。

スポンサーリンク

50代以上の男性の恋愛テクニック

50歳以上の男性が恋愛をしようと思った時、若いころのような感覚で女性を落とそうと思ってもなかなかうまくはいきません。

50代という「大人の男性」という特徴を存分に活かしたテクニックを駆使する必要があります。

「女性として魅力的だね」というセリフで異性として見ていることを伝える

年下の女性側からすると、自分は50代以上に男性にとって子供のような存在であり、異性としては見られていないと感じている場合が多いものです。

可愛らしい行動やメイクや服などをオシャレにしている日などに、「女性として魅力的だね」という言葉を投げかけるだけで、異性として意識する確率がグッと上がるのです。

女性を躊躇なく褒めるということは関係を向上させるためにも非常に大事なことです。

異性として見てくれるようになれば、後は包容力と経済力で女性にゆっくりとアピールしていけば良いのです。

豊富な経験値を活かす

50代の男性ともなると、美味しいお店や変わった体験ができる場所などといったように「経験値」が多いものです。

若い男性では決して連れていかないような場所に女性を連れて行ってあげることで、「素敵」と思わせることができます。

デートへの誘い方も、「デート行こうか?」と直接誘うのではなく、「今週末は土曜と日曜ならどっちが都合いいかな?」「フレンチとお寿司ならどっちが好き?」というように、「ダブルバインド」という心理学のテクニックを使って誘うと、ギラギラ感を抑えスマートに見えます。

女性の話を聞く側になりながらも気の利いた返しも行う

女性の話を聞く側に回るのも簡単にできそうでなかなか難しいものですよね。

更に、ただ話を聞くだけならば頑張ればできますが、気の利いた返しなどをするのはかなり難易度が高いと言えます。

しかし、50代以上の経験豊富な男性ならば、女性のテンションや表情などを見ながら「ここは話を聞くことに徹しよう」「そろそろユーモアある返しをしておこう」というように、女性が心地よくなる会話にすることができるのです。

まとめ

今回は、50代からの男性にとっての恋愛観と恋愛事情について解説してきました。

50代以上の男性には、「包容力」と「経済力」という強い武器があり、そういった武器を使えばまだまだ恋愛をすることができます。

特に年下の女性に関しては、「保護本能」が働きつい守りたくなってしまうことから、恋愛をしたくなってしまうのです。

また、同年代の女性との恋愛では、精神的な拠り所として癒しを求め、安心感を得ることができるのです。

ただし、50代の恋愛には自分を抑えて相手を優先するという心がけが非常に大事だと思います。

若い男性ならば、自分の欲求を相手に求めがちですが、それでは女性は男性を大人とみてくれません。

子どもっぽい人でもいいという女性もいますが、若い女性から50代の男性は頼りになる存在であることが大きなポイントです。

そのあたりを心がけて関係を築いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました