教師の退職金は早期退職でいくら?転職時の運用方法のおすすめ

退職金は運用して増やすべきだと思います。早期退職者にとって将来を支える資金づくりとして退職金はどんどん使うべきです。

教師の早期退職を考えている人は結構いらっしゃると思います。

けれど、退職金はいくらもらえるのか、結構知らない教師が多いと思います。

私も詳しく知りませんでしたが、調べてみてびっくり。

早期退職でもこんなに頂けるとは…そうなんです。ちゃんとした制度を活用して、高額な退職金を得ることができます。

そして、退職後の心配事としての貯蓄。

退職後の経済面を支えていくには、お金を増やすことが必要です。貯蓄は運用して増やすことが一番です。私も全然の無知でしたが、こんな取り組み方があるのなら、みんなやればいいのにと思いました。

でも、やっている人はまだまだ少ないでしょう。本当にもったいない。この資金を運用するということをやらないという選択肢はないと思いますね。

早期退職金はいくらもらえるのか。その退職金の運用でお金を増やす方法について紹介します。

教師の早期退職の退職金はいくら?

教師の早期退職 金額は以下の通りです

各自治体によって若干の違いはありますが、早期退職制度を利用することで定年退職時とほぼ変わらない額の退職金を得ることが可能です。

退職には、自己都合による退職と認定退職の区別があります。

自己都合は当然のことながら、退職金額は減らされる?という見方でもいいでしょう。ところが、認定退職はおすすめ退職という見方ですから、割増しになるわけです。

といっても、現職でいたほうが給料はそのままもらえるのですから、長く働いた方が公務員としての給与はたくさんもらえたということにはなります。

教師を辞めてもそれ以上に収入を得る方法はあるわけですから、得なのかどうかは捉え方次第です。

あくまでも、早期での退職で退職金はいくらもらえるのかということをまとめてみますと、

定年前の2~3年…2300万円程度(定年退職時よりも割増しになることもある)

  • 55歳…2385万円→15%の割り増し
  • 50歳…2215万円→30%の割り増し
  • 45歳…1877万円→45%の割り増し

自己都合の場合は、これらの金額から700万円~800万円くらい低い金額です。

大事なことは、この退職金をどう使うのかということです。早期退職のメリットは、早目に辞めて次の人生設計に飛び込むことです。

そのための資金です。

もちろん、定年退職してからでも何ら問題ありませんが、一年でも二年でも早く物事に取り掛かることで成果は違ってきます。仕事ならば当然経験が重要です。定年退職してからの気力があるかどうか。若さはエネルギーです。

善は急げというように、早期退職のメリットは次の人生に早めに取り掛かるということです。

希望を実現するためには時間も必要なんです。だから、早目に辞めることはスタートがはやくなり、成果を出すのも早くなるということです。

新たな人生を始めるための資金としては、貯めるのではなく、人生のために生かすという考え方です。

だから、いくらかでもたくさんもらえるこれらの制度を活用するべきでしょう。

教師の早期退職してからの仕事について

そもそも早期退職は次の仕事がどうなるかということは既に決まっている状態で退職することがほとんどです。

次の仕事の当てがない状態で辞めるなんてことは潤沢な資産でもない限り、あまりお勧めできません。たぶんそんな人はいないでしょう。

教師をやめてやりたいことがあるならば、その道を進んでいけばいいのです。成功するかどうかは別です。始めから成功するから始めるなんて人はいません。成功するために頑張るだけです。失敗や成功はあくまでも結果です。

結果は求めるのは当然ですが、見通しくらいは持っていないと、本当に無一文になってしまうかもしれません。それでも、頑張るという覚悟が必要だと思います。

教師という収入が安定している世界から、自分で稼いでいかないと一銭も貰えない世界に入っていく場合もあるのですから、早期に教師を辞めるということは、後悔しない決意がとても大事です。

辞めなければよかったという後悔を持ってしまうような人は、教師を辞めるべきではありません。

その覚悟があるかどうかで、早期退職後の生き方に大いに影響します。

仕事はなんでもやるという気持ちと、新たな世界に入っていく好奇心や希望を持てないと早期退職後の仕事を前向きに取り組むことはできないでしょう。

だから、早期退職後の仕事は夢と希望をもってできることを選んだほうがいいのです。

ちゃんと目標を持ってください。

何でもいいというのではだめです。どうなりたいのか、何をしたいのか、この目標や願いをしっかり持つことができれば、きっと充実した早期退職後の生活ができます。

充実した生活ができるということは、仕事も充実しているでしょう。また、仕事にこだわることなく、目標を実現するために日々頑張るという生き方ができるようになっていくと思います。

教師の早期退職後に親の介護

50代も後半になってくると、親の介護年齢になってきます。

介護と一口に言っても、状況は様々です。共働きでとても親の面倒を見れない人もいます。しかし、ここでは、親の介護を優先して今の仕事を辞める選択をした人に向けてお話しています。

親の介護をあきらめ、施設に預けることもいいでしょうが、親の面倒も見れないということが果たして親孝行になるのかどうかをそれぞれに決断すればいいという話です。

ともあれ、私も仕事を辞めて介護ができる環境に身を置いて生活しているところです。

今の仕事がなくなれば生きられないなんてことはまずありません。生きていくことと仕事は別です。

介護をしながらでも、十分に豊かな生活ができる方法があることを紹介しています。

少なくとも、人並みなことをしていては経済的に豊かにはならないだろうと思います。

介護をきっかけに生活を変えていく努力をしないとダメです。

それができる人が自分の人生を変えることができる人ですね。私もそうなるために頑張っていきます。

教師の早期退職後の収入源

教師の早期退職後にできる仕事は、この記事を読んでいらっしゃる方はフルタイムで働くことや正規社員などを選択する人はいないでしょう。

そのくらいの仕事ができるなら、教師はやめないほうがいいからです。教師の給料以上にいい職場はその年齢でその経験では、そうそう見つかりません。

そのくらい、教職の給料は高いのです。

ですから、それを辞めて収入源を同じように求めることはしません。

別の道で生きていく方法を選ぶのです。その方法が退職金を運用しながら、資金を増やしていくことなのです。

全くサラリーをもらわないということも経済的に大変なので、アルバイトなどは適当にやりながら収入を得ていくことが十分に可能です。

もちろん、アルバイトはそんなに大きな収入にはなりませんが、月に10万円程度の収入を得ることはそんなに大変なことではありません。

何でもできることはやってみるのが大事です。教師のような仕事として、塾の講師や家庭教師もありますが、仕事のわりに苦労が多いものは避けたほういいでしょう。

勉強を教えるということは、その子の人生をも左右することに少なからず影響しますから、生半可な気持ちで教育関係の仕事をするものではないと思います。

私は、家庭教師を週1でやっていましたが、だんだん熱が入り、結局こちらに束縛されることになってしまいました。それで、辞めました。それは、もっと大事なことに時間を必要としたからです。

教師を辞めて出直す以上、きちんとした目標が必要です。

その目標がはっきりしているならば、生活や仕事のスタイルもそれに合わせることになります。

それが大事なことです。また、これがきちんととらえられていないと、何をやっても場当たり的な取り組みになり、成果は上がってくるようになるまで相当な時間がかかることになるでしょう。

見切り発車はダメです。目標をしっかり持ち、そのために何をするかという具体的行動をしましょう。

私もそれが実現可能だろうといろいろと経験してみたわけですが、収入を得るにはそれまでのいわゆる準備期間というものだったというわけです。

試行錯誤も決して悪いことではありませんが、生活していくにはお金が必要ですから、その生活費をいかに得ていくのかの手段がちゃんとしていないと、ギャンブルです。

私は、物販を始めてみました。しかし、毎月10%の利益を得ることはなかなか難しく、2年ほど取り組んでみましたが、物販での利益はほとんどないと言っていいでしょう。手数料などに多くの費用が掛かり、お金がないと続けられない取り組みでした。

ここで学んだことは、多くの利益を得たいのであれば、多くの資金が必要になるということです。

メルカリで20万円程度稼ぎたいということで、家の品物を出品すれば、値の付くものは大抵は売れます。それで20万円利益が出ても、次が続きません。

家庭のあるもので売り物になるのははじめだけです。そのうち、品物は底をつきます。

物を売って稼ぐには、売れる商品を安く仕入れて、高く売れないと儲けになりません。

物販ははっきり言って、薄利多売です。ですから、商品を大量に仕入れて、たくさん売ることができないと利益にならないのです。

だから、仕入れるための資金が売れるたびに戻ってくるようでないと、続けられません。

最も難しいのが、売れる商品をたくさん売ることです。これは理由は簡単ですが、実に難しいことです。

わたしは、Amazonで商品を売っています。始めは、オークションなどで買った中古品を10%の利益が出る値段で売ってきました。お小遣いを稼ぐ程度の利益ならいいのですが、生活費を稼ぐとなると、そんな取り組みでお金は入ってきません。

中国の安くて売れそうな商品を買い、売り出しました。

商品は単価非常に安価なのですが、大量に仕入れることになります。卸業者を経由することでコストがかかります。自分だけで仕入れることもできますが、100個程度の商品をすべてチェックするのは容易なことではないですし、個人的な取引は時間が異常にかかり、販売するまでに1か月程度の期間が必要になります。

とにかく、手間がかかるので、仲介業者にお願いするほうが確実なのです。

ともあれ、資金が必要なのですが、売れないとさらに資金を調達することになり、売れる前にかなりのお金を必要とします。

Amazonのシステムは非常に良くできていて、全部Amazonが商品の管理や販売をしてくれますが、手数料が利益分ぐらいかかるので、ここでもやはり、大量に売り上げることでメリットが出てくるようになっています。

2年間取り組んでみましたが、そう簡単には稼げないのが実情です。

教師の早期退職金の運用方法

退職金は生活費に充てることになるならば、運用どころではありませんが、いくらかでも運用に回せるなら、銀行においておくよりもずっとメリットがあります。

私がおすすめする運用方法が日経平均株価の先物取引ミニです。

わたしは、現在この先物ミニに200万円で取り組んでいます。

投入資金が200万円ということです。

半年で100万円の利益がありました。

日経平均株価は日々動いていますが、安いところで買って、高いところで売れば差額が利益です。逆に高いところで売り(売りを買うということですが)安くなったところで買いを入れるとその差額が利益になります。

ですから、どんな状況でもいいところで取引ができれば、すべて利益になります。

はじめは一日数千円の利益でしたが、慣れてきて、いろいろ勉強してみて相場の動きがわかってくると、利益がとれるようになります。

今では、一日数万円の利益が出るので、アルバイトをやるよりもこちらの方が十分な稼ぎになるわけです。

一週間で10万から20万円の稼ぎになるのが、毎週のように続くこともあるのです。

どの証券会社でも取引ができますが、PCの画面の使い方がそれぞれちょっとずつ異なります。

私は、松井証券でやっていますが、サポートも電話でいろいろ丁寧に教えてくれるので、とても分かりやすいと思っています。

他の証券会社なら、マネックス証券、楽天証券、SBI証券が使いやすいと思います。

ここで、説明しても説明しきれるものではないので、教えてくれるサイトに登録して学ぶことが最も賢い方法です。

ただではありません。もちろん、いろいろなサイトで教えている動画やブログはありますが、お金を払って勉強するぐらいでないと、ちゃんと学ぶことになりません。

お金を出したからこそ、授業料を払うような感じですから、前向きに勉強しますが、ただなら、どうでもいいやという本気度が生まれにくい状況になります。

そんなことでは、お金を増やすことにはなっていきません。

そういう覚悟がない人は何をやってもダメと言われました。楽してお金が増えるわけがないのです。成功している人たちは間違いなく苦労し、努力し、学び続けているからこそ、お金が後からついてくるということなのだと私もだんだんわかってきました。

早期退職して、お金を得る方法は何かしらありますが、資金を増やしていくことも可能なのです。

それも、生活費どころの話ではなく、数千万~一億円ということも夢ではないのです。

アルバイトや社員として働いて、あと死ぬまでに数千万円の貯金ができると思いますか。

多分それは、一般の人なら無理な話です。サラリーで数千万の貯蓄はほぼ無理です。

でも、この資金を運用して増やすことで、それが可能になります。

現に、私は半年で400万円稼いだのです。でも、損もあったので、100万円に留まりました。

素人の私でもそれができたのですから、勉強してスキルを身につければ、300万は稼いでいたでしょう。

もう今では、この先物ミニは、資金を増やすためになくてはならない存在になっています。

先月も50万円ほどマイナスになってしまいましたが、半月後の今では、それは元に戻っています。

まだ初歩の私でもそれだけできるのです。9か月で学んだこと経験したことは非常に大きなスキルとなり、お金が減っても、すぐに取り返せるという自信にもなっています。

株のことも証券会社のことも何も知らないで生きてきた私でも出来たのです。

早期退職の退職金は200万~300万を運用するだけです。始めからこんな大金を使わなくてもできます。

50万円から十分です。

もちろん、一日の稼ぎは数千円ですが、慣れてしまうとその限りではないのです。

一日中、家にいながら、資金を増やせる稼げるという取り組みは本当にあるのですよ。

先物ミニで稼ぐ 50万円から一億

この上記のサイトはお金を稼ぐためのメンタル面の学びもできます。おすすめのサイトです。

実際に私もここから学んでいます。

まとめ 退職金は増やすことができる

早期退職して、第二の人生を歩むには先立つものどうしても必要です。

先生を辞めなくてはならなかったことは後悔にはならなくても、生活費が心配だったり、将来の生活についての経済面の支えが不安になったりすることはあります。

それが、やり方次第で全く心配いらない世界になるのです。

退職金の金額が割増しになることを活用し、その退職金を資金として運用することを本気で考えてみてください。

残念ながら、大抵の教師はこうしたチャレンジに腰が引けるようです。

教師の考え方に冒険的なものがないからかもしれません。でも、やる人はやり、やった人だけが見える世界があることを知ってほしいものです。

早期退職は、冒険かもしれません。そういう生き方を選ぶならば、資金を運用して、びっくりするくらいの喜びを得ることも可能なことを実体験してみてはいかがでしょう。

もしも、ご興味あるのであれば、何かしら教えてあげることもできます。サイトにコメントしてきてください。

早期退職は、第二の人生の始まり。お金を増やすことに挑戦してみませんか。

教師の退職金は早期退職でいくら?転職時の運用方法のおすすめのお話でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました