看護師マッキーの出身高校や大学は?病院や著書、本名も紹介!

引用:YouTube.com

看護師マッキーさんのYouTubeは順調に伸びてきたのではなく、最近急上昇してきましたが、性に関する内容が人気なのでしょうか。

YouTubeだけでなく、InstagramもTiktokもやっています。本も出しています。さらに、各地で講演会にも呼ばれています。かなり有名人になってきているようです。

そんなマッキーさんは看護師と名乗っていますが、看護師がそんなにいろいろやっていいの?できるの?と気になります。

看護師マッキーの過去(高校や大学)や現在の仕事などを探ってみました。なんと看護師マッキーはすごい人でした。

ユーチューバーの社会貢献度はすごいと思いました。マッキーがすごいという人にはぜひ読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

マッキーの出身高校

有名人になりつつあるマッキーさんですから、高校はどこなの?って思うことありますよね。どうでもいいことなんでが、高校ってその人の学力の度合いを示すところありますし、すごく知りたいわけではないのですが、その人を知る情報の一つでしょうか。

頭がいい人が必ずしも成功してはいないことを知ったり、学歴なんて関係ない成功者を知りたくなったりします。私もそう思うこともありますから。

看護師マッキーさんの出身高校の情報は残念?ながら公開されていません。SNS上でも校名などにつながるヒントもありませんでした。

現在、マッキーさんは都内か埼玉県内に在住のようですが、大学は千葉県内の看護学校を卒業しています。

看護学校は都道府県各地に多く設立されていますが、必ずしも出身地の看護学校に進学するわけではないと思います。しかしながら、私の教え子や知り合いの何人かの看護師の進学状況を見ますと、県内の学校に進学している例が多いです。

看護師はどこの看護学校を出たからというステイタスはあまりないのかもしれませんので、出身地近くを選ばれるのではないかと思います。

ということから想像して、マッキーさんは埼玉県か千葉県が出身なのではないでしょうか。

マッキーさんは以前の自己紹介情報で、父親と同居であるとか父親の介護をしているという内容がありました。

実家に住んでいる可能性もあるでしょう。Twitterでの投稿で、埼玉県の飯能市の停電の様子を知らせていたり、埼京線も登場することから、千葉埼玉の可能性があると思いました。

スポンサーリンク

マッキーの出身大学

マッキーさんの出身大学は、帝京平成看護短期大学です。

所在地は千葉県市原市です。

マッキーさんには大変恐縮ですが、ネット上ではこちらの大学の評判はあまりよくないようです。全国にたくさんある看護学校にも優劣はあるのでしょうが、実際にこの学校を卒業して立派に看護師として日夜貢献されている方はいらっしゃいますから、そんな評判はどうでもいいことです。

大学時代というか学生時代にどれだけ勉強したかということは後々に生かされますし、看護という命かかわる仕事には、正しく理解しておかなければいけない知識はたくさんあることでしょう。

基本的な知識は当然必要ですし、看護師は国家資格ですから、資格を持っていること自体立派なことです。しかし、現場に出て実際に学ぶことのほうがはるかに貴重であり、日々学び勉強しながらその仕事に精通していくというものでしょう。

大学の優劣はそれほど関係ないと思います。もちろん、優秀な人はいますが学歴がいい看護師にしてくれるわけではないですからね。

マッキーさんの現在の活躍を考えると、如何に勉強を怠らずに生きてきたかということが言えるのではないかと思います。

現在35歳とまだまだ若いですが、10年間の実務経験もありますし、多くの知識をもって看護や保健のことを発信しているのですから、かなり専門知識があるということでしょう。

そんなマッキーさんの知識の源ではないかと思われるものが、年間200冊も読破する読書ではないかと思っています。

先日もあるユーチューバーの女性も読書からの知識が人生を変えるぐらいと言ってました。この読書の力がとんでもないくらい大きいということにも気づいているのです。成功者は総じて本をよく読んでいますね。

マッキーさんの「年間160冊の読書をしたら人生が好転した」というコメントはしていない人にはわからないことかもしれませんが、実行している人はその力に助けられていることと思います。

読書は人生の師といいますが、大人になってからもどんどん読まないと人間が干からびるような気がします。私もこの年齢からでも時間をつくって本読まないとと思うようになりました。頑張ります!

スポンサーリンク

マッキーの勤務している病院は?

マッキーさんは現在35歳ということは1987年生まれです。

現在のお仕事は、病院に勤める看護師でなく、フリーの看護師さんです。過去には、小児科や泌尿器科16年ほど勤務されていたようです。

自己紹介欄にはそんな記載があります。

性教育などの保健の知識も豊富で、YouTubeでの閲覧内容は性に関する内容に集中しているぐらいに詳しく丁寧に解説されています。たぶん中高生の視聴者も多いのではないでしょうか。

現在は、看護師のスキルを紹介して、様々な人の健康や保健のお手伝いをしていらっしゃいます。

また、YouTubeなどSNS発信での経験を他の志ある方に伝えながら、生活の経済力の向上にも貢献しているという感じでしょうか。

地域でできることを最大限活用し、自治体での講演活動や推進活動のメンバーとしても、社会的にも大事な役割を担っておられるようです。

最近では、サウナでの仕事も始めているみたいで、熱波?を取り入れたケアにも力を入れています。本当にいろいろな場面でできることを惜しまずに、働き続けているように見えてしまいますが、ストレスなどはない、まるで太陽のような存在なスーパー看護師と言えるのではないかと思いました。

ちょっと褒めすぎかも(笑)でも、多分当たっている感じします。

マッキーの著書やその評判

マッキーさんの著書は現在2冊出版されています。

  • 看護師ママが本気で実践 「わが子に性教育してみた」
  • 「お金を生む話し方」 生活も人脈も仕事に好影響 YouTube9か月で収益化できたコツ

両方とも Kindle版の電子書籍です。

Amazonで販売されていました。性教育のほうが1,250円で、お金のほうが880円でした。

安いです。100均が当たり前のような日本人は感覚がどうかしているかもしれませんが、本が現代の価値で2000円以内というのは、安いんです。大体が1000円前後でしょうか。外食一食分程度の値段で本が買えるのは、決して高くなんてないんです。

さて、読者評です。

性教育の本についてはこちら

よいコメントが多く、マイナスコメントはありません。

  • 子供に関わるすべての人に読んでほしい!性教育は、自分を大事にすることを教えること
    性教育にデメリットはない…どころか、メリットだらけ!ってことがわかります
  • 年齢別にどんなことに注意して性教育をすればいいか具体的ですぐに実行できます
  • 保育園での話もいつでもどこの家庭でもありえることで引き込まれて読みました
    いつこういうことがあってもいいように心構えや 知識教育してあげられればいいですね
  • とにかく分かりやすく、説得力に富んで面白く、誰でもがこの難題に挑戦したくなるような本

私も教師の端くれでしたから、ちょっと性教育について話します。

私も今から30年位前に性教育に力を入れていた時期がありました。知識を与えるというよりも、命の大切さに気づいてほしいという願いや命の尊さから性を考えるというねらいで授業を仕組んでいたことを思い出します。

ちょうど、5年生ぐらいから教えていた内容ですが、3年生ぐらいから教えてもいいと思っていました。とにかく、中学生になる前にはやっておくべきだと強く思います。

年齢は低ければ低いほどいいと思います。中学生や高校生になってからでははっきり言って遅い。

性に関する間違った情報が入ってからでは、受け入れられるには時間がかかるからです。学ぶべき時に正しく学ぶことが本当に大事だと思います。

お金の本についての評価がこちら

  • この本は何か行動をしたいのに行動を起こせない人の背中を押してくれるような本
  • この本はyoutubeを始めたいと思っている人への、とても優しくて手取り足取り懇切丁寧、無駄を一切省いたピンポイントの指南書
  • 読んだ後になんかちょっとやってみたいなって思えて、だいぶハードルが下がりました

こちらのお金に関する本のようなタイトルですが、中身はYouTubeを始めようとする人にとってのバイブルのようなものらしいです。

また、マッキーさんは看護師という仕事の他にもいくつかの仕事をしていて、そうして新たな一歩をたくさん経験しらっしゃいますから、人生の岐路に立っている人や転職を考えているような人にとっても参考になるのではないかと思います。

いろいろやっているのに、本まで出して、マッキーさんのビジョンはすごいとしか言えません。そのすごいのは行動力です。できる人はやはり行動しているということですね。

ビジネスとしてなのか、書籍の出版もYouTubeも、講演も、病院での副業のすすめとかやりたいことがあふれていて本当にバイタリティあります。

でも、これもある人たちのために貢献しているということになります。

看護師さんの経済力向上のため、病気を抱えている人のため、中高生の性被害撲滅のため、夫婦円満?地域活性化など、大事な役割を担っているということです。マッキーさんは。

マッキーの本名

マッキーさんの本名は不明でしたが、経歴などから辿っていきましたら、五方総合研究所サスティナブル研究ユニット客員研究員という肩書がありました。

そちらの研究員の中に、メディカルコミュニケーションについての調査・研究を行っている方がおられるようですが、マッキーさんなのかどうかはわかりません。

こちらの研究所は、総合シンクタンクとして政策提言、コンサルティング、市場調査、経済調査、セミナーなどを通じた人財育成サポートなど国内外で提供していて、研究員が研究を重ねていくことを支援しているようです。

賞状の名前もわかりませんが、マッキーなので、真希とか真紀子などでしょうか。

なんだか、マッキーさんは、ユーチューバーの利益目的系ではなく、医療や健康の世界に貢献するべく、SNSを活用している事業家だったのですね。

チーム構想があると言ってますが、それは現実のものになるでしょう。もう、マッキーさんの活動は一人では大変で、チームを組んでスタッフを抱えて、地域に貢献する看護保健スペシャリスト集団になるのではないかと思います。

また、さらに第2、第3のマッキーが現れるくらい需要が増えていくと思いますし、病院付きの看護師でなく、家庭に地域に密着した看護師?も必要になってくるのではないかと思います。

新たな看護師スタイルの登場ですね。

まとめ

ユーチューバーになりたいと始めた人はすごく増えてきたと思いますが、成功している人はそのわずかではないでしょうか。10パーセント程度なんだとか。

お金が稼げるレベルになるには相当な努力や覚悟が必要です。

看護師マッキーさんは発信することで看護師の5倍の時給を得ているそうです。これは楽をしているということではなく、一人で多くの人に情報を与え、それをその人が生かし、成果を出していくという好循環を生み出しているのですから、当然と言えば当然なのでしょう。

仕事の仕方や内容は様々で、どれも必要なものだから存在しています。けれど、YouTubeという媒体がこんな人助けというか貢献をしているのだということを目の当たりにして、なんか悔しいけれど働き方は変わり、よりよいものがどんどん生み出されていくといいなと思いました。

便利を求めるということではないです。本当にいいものが大事なものが選ばれるようになるといいです。

看護師マッキーの出身高校や大学は?病院や著書、本名も紹介!のお話でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました