教育

学習指導

コロナ禍の小学校でも水泳授業は必要です!泳げるポイント教えます

コロナ禍でも水泳指導はやりましょう。 学校はすでに密な中ありながら、感染予防策を確実に続けています。 水泳だからと言って、感染リスクが高いわけではないでしょう。 夏場の学校では水泳の授業は子どもたちの楽しみであり、...
家庭と学校

小学校ママ友必要か?いらない・めんどくさい⁉作らない人の考え方

小学校に入ると、ママ友が必要なの?と思う人がいますが、必ずしもそういうお友達?が必要というわけではありません。すでに入学して、ママ友で悩んでいる方もおられるでしょう。 無理にママ友を持たなくても学校のPTA活動や学級活動は乗り...
ニュース

SDGs小学校の総合学習教材におすすめは林業⁉低炭素社会の実現に向けて

地球温暖化対策は進んでいるのでしょうか。 経済と環境問題は現代社会の大きな課題です。しかし、今を生きる人たちには将来のことを重視する姿勢がどのくらいあるのでしょうか。 SDGsが大いに注目されていますが、身近なことを取り...
家庭と学校

小学校の宿題は多すぎる⁉宿題の出し方や親の協力について

小学校の宿題は多すぎるという意見がありますが、多過ぎるというのはいけませんが、小学校の宿題は多いほうがいいです。小学校時代のいわゆる家庭学習の習慣を確実に着けることがその後の勉強の姿勢に大きく影響します。これは紛れもない事実です。宿題は先生が計画的に子どもに与えるものですが、その出し方によって子どもたちの力になります。また、家庭での協力がないと子どもが宿題をやらない子どもになっていきます。宿題の出し方とその考え方についてまとめました。
エンタメ

小学校朝の会ネタにどう?ネットニュースの落とし穴?

学校では、5月の連休も終わり、初夏の中、一学期の本格的な授業や活動がスタートし、日々忙しい毎日が始まっていますね。 コロナ感染は日を追うごとに増加している地域も多く、緊急事態宣言の延長など、学校でもまた休校なんてことになったら、本当に...
家庭と学校

小学校の連絡帳毎日書くの?返事の書き方・トラブルにならない方法

小学校の連絡帳は毎日書くのは当然と思っている保護者の方もいます。学校の先生も毎日家庭との連絡を取らないとと思っているようですが、お互いに大変だと思いませんか。 学校だけがなんだがアナログな方法をいつまでも大事にしています。そん...
家庭と学校

小学校給食の時間は短い!おかわりや残す指導のポイント

ここで紹介する内容は、給食の時間が短いけれどその短い時間の中でどう食べさせるかについてまとめたものです。 日本の学校の給食時間は短すぎます。異常です。これが解消できればきっと以下の問題も減るでしょう。 小学校の給食の時間...
家庭と学校

教師の仕事は授業以外のほうが多い⁉今すぐ見直し・廃止・スリム化を

教師の仕事がブラック化し、教師のなり手が少なくなっています。けれど、現職の先生方はその激務の中でも教師の仕事にやりがいを持ち、子どもたちと共に頑張っています。 教師の仕事は授業がすべてですが、学校を運営していくためには多くのや...
ニュース

教師の叱責は要らない⁉叱らない指導叱る指導どっちが正しいのか

教師の指導が子どもの命を脅かすなんてことはあり得なかったはずです。こんなニュースが出てくるとまた学校現場に上からダメダメ光線が降ってきます。こうした報道は学校現場としては身につまされる内容ですが、全国のほとんどの学校はこんなことはほぼありま...
教育

小学校高学年の学級目標の決め方!言葉や掲示物、デザインはこうすれば良い

学校生活がスタートしましたね。 コロナ禍であっても、学校はほぼ変わりなく学校生活を進めていくでしょう。 始まりは先生も不安を抱えています。と同時にどんな学級にできるかということも大いに考えます。それが学級担任の大きな課題...
タイトルとURLをコピーしました