教師

スポンサーリンク
教師

学校の先生上履き選びは重要です!おすすめがこれ!

学校の先生の上履きはなんでもいいので気にする先生はあまりいないと思います。消耗品ですし、そんなことにコストはかけられないので、いわゆるスニーカーを履いている先生がほとんどです。 靴になんかお金をかけないという考えも理解できます。今は安くてそれなりに格好のいい靴はいくらでもありますからね。でも、先生の仕事は室内履きで動き回ることが多いのが特徴です。運動もしないといけません。ですから、先生の靴というものは、仕事の道具だと思います。 一日の仕事を支える重要にするべき道具だと思います。 今回、私の経験も含めて紹介するのが、学校の先生におすすめの上履きです。
教師

教師の仕事4つとは?先生の仕事でしなくていい仕事とするべき仕事

教師の毎日は多忙ですが、授業が忙しいということではなくとにかく時間が足りません。それは、多くのことを学校現場が抱えすぎていることにあります。 しかし、これがなかなか解消されません。働き方改革と言ってもそんなに仕事のスタイルが変わってはいませんし、相変わらず一切のゆとりもないくらいの毎日を送っておられることでしょう。 これでは教師は疲弊するばかり。疲弊した教師に教えてもらって子どもたちは幸せになれるのでしょうか。 教師の仕事に限らず、仕事は重要度と緊急度で分類できます。この仕事をどう分けて取り組むかで人生すらも変わってくるくらい大事です。 教師の仕事を4つに分けて仕事に取り組めば、本来の教師の在り方がよみがえってくると思っています。
教師

教師の仕事は授業以外の業務が多過ぎる⁉今すぐ見直し・廃止・スリム化を

教師の仕事がブラック化し、教師のなり手が少なくなっています。けれど、現職の先生方はその激務の中でも教師の仕事にやりがいを持ち、子どもたちと共に頑張っています。 教師の仕事は授業がすべてですが、学校を運営していくためには多くのやらなければならない業務があります。昔も確かに夜遅くまで学校で仕事をしないと終わらない日々でしたが、近年はその多忙の中身が違います。 教師の仕事は学校自体が大変になっているのではなく、外部からの要望や要請が多すぎることが要因です。カリキュラムも新たなものが入ってきますが、授業以外の余計な仕事を見直し、廃止し、スリム化をすることは可能です。 今回は、教師の授業以外の仕事?についてまとめました。教師の仕事がブラック化している理由を紹介します。
教師

教員辞めたい初任の先生へ。新卒1年目まだやめてはいけない理由とは⁉

もう教師辞めたい、疲れたという初任者の先生。教師の世界はこれからです。 神様は、乗り越えられない試練は与えないといいます。ですから、今のあなたの苦しみは試練なのです。いつかきっと乗り越えることができるのです。 もちろん、教師を辞めても試練はあるでしょう。 迷っているうちは迷えばいいのです。でも、辞めたくて気持ちが固まってきたら、行動開始です。教師の道は長くやるほど辞めるきっかけが少なくなると思います。どっち転んでもそんなに違いはない。大事なことは覚悟することです。
教師

学級開きに話すこと。そして、何するの?その準備とは⁉【初任者必見】

はじめが肝心!学級開き。何事もはじめが肝心。これに尽きます。 学級開きで話すことは何?どんな態度で教室に入るのか、顔つきは?などと、子どもたちとのスタートの瞬間は緊張します。子どもたちは先生の一挙手一投足を見ています。その注目度には感心させられます。 どんな先生なのか、何を大事にしてくれるのか、怖いのか優しいのか。4月始業式の日の出会いは子どもたちもワクワクドキドキです。 話すことや何をするのか、とにかくはじめは肝心です。何をどう準備するのか、子どもたちにどう指導していくのか、学級開きはどんな思いで教師は取り組むべきなのかを紹介します。
学校行事

卒業式メッセージ一言先生から(泣)感動させるその方法とは⁉

卒業式は忙しい日程でもあります。そんな中でいかに最後のメッセージを伝えるか。卒業式はどんな子どもにとっても晴れやかで喜びに満ちた一日です。 教師としても子どもたちや保護者からの言葉や姿でいわゆる教師冥利に尽きるそんな瞬間を感じる日でもあります。 この時にしか与えることができない感動を大事にしましょう。卒業式はそれぞれたった一回です。そして、その一日で教師がやってきた答えが出る時でもあります。 そんな感動な一日を担任教師が心を込めた一言のメッセージを。子どもたちに感謝の思いを伝えることができる方法を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました