学習指導

スポンサーリンク
学習指導

組体操の大技よりも組まない組体操の時代!?運動会の組体操にこだわる指導を紹介

運動会の組体操は、危険を伴うことが大きく取り上げられ、今ではどんどん縮小されている状況ですが、それは、ピラミッドとかタワーといった大技が巨大化し、難易度や危険性が高いことが要因です。 以前の組体操はそんな大技がなくても十分に表現できましたし、子どもたちも乗り越えられる内容でした。 組体操の本来のよさを大事にすることで、安全で子どもたちもやりがいを感じる組体操ができると思っています。実際に、そうした組体操は多く存在します。 組体操は小学校の集団生活を原点としている現在において、そのよさを多く発揮でき、ともに創り上げる感動を与えていくことができる取り組みだと思います。 運動会ははっきり言って、結果です。結果が勝負です。過程が大事なんてことは当然です。そのうえで、結果が出なければ教育は成り立ちません。運動会の結果とは、成功ではなく、感動を与えらえれるかということです。 そのためのポイントは下の3つ。大技だけよくても組体操にはなりません。 組体操は集団演技…そろっていなけりゃ美しくない 組体操は難度よりも完成度…できないことはやらない、できる技の完成度 組体操の大技はカタルーニャ式ピラミッド…全員で作る大技は見栄えが一番大事 感動を与えることできる組体操について、そのポイントを紹介します。まだまだ組体操ができる学校なら参考になると思います。でも、そんな学校はもうないかもしれませんね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました