小学校入学式子供服はいつ買う?レンタルのメリット・デメリットと靴下もチェック

小学校の入学式に着る子供服は、選び方に迷いますよね。買った方が良いのか、それともレンタルの方がお得なのか。買うにしても、いつ頃買えば良いのか。初めての入学式ですと、迷うことがたくさんあると思います。

学用品の準備などもあり、スケジュール的にもバタバタしてしまう時期です。スムーズに子供服の準備ができるよう、購入時期やレンタルのメリット、デメリットについて、わかりやすく説明しましょう。

小学校入学式の子供服はいつ買う?

小学生用のスーツやワンピースは、1月ごろから出始めますが、もっとも数が出揃うのが1月下旬から2月上旬くらいです。

品数が豊富なので、気に入ったデザインのものを探したいという方は、この時期に見に行くと良いでしょう。

前の年の夏頃にも、七五三用のスーツ・ワンピースが出ますが、あまり早く買うと、体に合わなくなってしまうこともあります。この時期は、いきなりグンと成長することもありますので、購入する時期はなるべく入学式に近い方が良いでしょう。

3月になっても売ってはいますが、だいぶ数が少なくなってきます。デザインにこだわらなければ良いのですが、身長120cmは売り切れていることも多いので、やはり2月中には見ておいた方が良さそうです。

小学校入学式の子供服はレンタルの方がいい?メリットとデメリット

入学式は1回しかないし、買うのはもったいないと、レンタルを検討している親御さんも多いと思います。確かに、レンタルは安く済みますので、メリットはありそうです。レンタルのメリット、デメリットについても説明しましょう。

小学校入学式の子供服をレンタルするメリット

・購入するよりも安く済む

・タンスの肥やしにしなくて済む

・小物もついているのであれこれ揃える手間が省ける

・家まで配達してくれるから出かける手間も省ける

この年齢の子供は身長の伸びが凄まじく、入学式用の服は、せっかく購入しても、おそらく入学式でしか、着せる機会がないと思います。

購入するとなると、スーツ・ワンピース代の他に、シャツ、サスペンダー、ベルト、靴下など小物が必要になり、まとめると12万円ほどになるでしょう。普段着として使えるものではないので、少しもったいない気がします。

また最近では、着た後にクリーニングに出さず、そのまま返品できるお店も増えています。この点も、忙しい春のこの時期には、嬉しい配慮でしょう。

小学校入学式の子供服をレンタルするデメリット

・思ってたのと違う

・好みのものがない

レンタルは、基本的にインターネット上で見て選ぶので、実際に届いてから「イメージと違った」と思う可能性もあります。

また、人気の商品は早い時期に予約で埋まってしまうため、好みのデザインが見つからないことも。

ただ、早めに予約をすれば最新のデザインを選ぶこともできますし、余裕を持ったスケジュールでレンタルすれば、サイズが合わない時に交換対応してくれるお店もあります。

小学校入学式の子供服の靴下はどうする?

意外な盲点が、靴下です。服と靴は揃えたけど、入学式間近になって、靴下がない!と慌てる親御さんも少なくありません。

靴下は、女の子なら白のショート・フリル付き、男の子は黒か紺のハイソックスが定番です。女の子はタイツという選択肢もありですが、トイレに行く時に手間取る可能性もあるので、靴下の方が無難です。

レンタルですと、靴下などの小物も全てセットになっていますので、買い忘れの心配もありません。

まとめ

小学校入学式の子供服は、一度きりのものでもやはり購入したい!という方は、1月下旬から2月上旬くらいの時期に買いに行くのがおすすめです。もっとも数が出揃う時期ですので、気に入ったものを選びやすいでしょう。

1回しか着ないなら買うのはもったいないと思う方は、賢くレンタルするという方法がおすすめです。レンタルなら小物までセットでついてきますので、あれこれ揃える手間も省けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました