沖縄訛りの喜屋武さんの年齢、本名プロフィール!仕事や経歴、結婚を調査

登録チャンネル名が沖縄訛り喜屋武さんです。

きやたけしではなく、喜屋武(きゃん)は苗字ですね。

喜屋武さんはヤンキーなんて思われているみたいですが、ちょっと違いますね。最近まで、知る人ぞ知る人気バンドのメンバーでした。

えっ、ヤンキーじゃなくて、ミュージシャン?なの?

沖縄訛り喜屋武さんの本名や年齢プロフィール、仕事に経歴などについて調べました!

スポンサーリンク

沖縄訛りの喜屋武さんの本名

喜屋武さんの本名は明かされていませんが、ロックバンドを最近までやっていて、そこでのニックネームが「マーサー」になっていますから、まさし、まさる、まさひこ、まさあきなどのお名前でしょうか。

ヤンキーなんて思われている沖縄訛りの喜屋武さんですが、本当にバリバリの沖縄言葉で話されていますが、さっぱりわからないですね。

沖縄の人ってこんなにすごい訛りがあるなんて、びっくりしました。

芸能界でも多くの有名人を排出している沖縄ですが、喜屋武という名字の人は多くいるようです。

ゴールデンボンバーのメンバーの喜屋武豊さんがいらっしゃいます。年齢もあちらの方が年上で37歳ぐらいなので、沖縄訛りの喜屋武さんは後輩になるのでしょうが、お互いに知り合いなのかもの知れません。

喜屋武さんのバンドは、中学時代から沖縄でも注目されていたバンドのようですから。

スポンサーリンク

沖縄訛りの喜屋武さんの年齢と結婚について

喜屋武さんの年齢は、28歳です。1993年6月9日生まれ。

現在は独身です。彼女関係は不明です。

生まれ年は、2012年に高校を卒業しているので、推定です。

お顔立ちから、30代のように見えますが、まだ若いのですね。バンド歴は長いので、若いけれどキャリアはありますね。

スポンサーリンク

沖縄訛りの喜屋武さんの学歴

喜屋武さんは、シベスカ / CIVILIAN SKUNKという沖縄出身4人組バンドで活動していました。でも、2021年3月今年の3月になんと、解散してしまっています。

中学時代の同級生で始めたバンドですが、なかなかの注目度だったようです。中学生で注目され、さらに実力もあったというのですから、さすが沖縄の人は芸能関係に秀でていますね。

喜屋武さんの出身中学は、豊見城中学校で、卒業した高校は、沖縄県の豊見城南高等学校です。

豊見城南高校の思い出についても、当時のデビュー記事にそのことが載っています。

この時には、高校生バンド№1で、全国的にも注目されていたようですから、沖縄ではかなり有名なのかもの知れません。

沖縄訛りの喜屋武さんの経歴

中学時代からのバンド人生ですし、けっこう順風満帆な歩みをしてきたのではないでしょうか。

高校卒業と同時に、メジャーデビューして、2021年の今年に解散していますから、9年間シベリアンスカンクで活動しています。

シベリアンスカンクのTwitter喜屋武さんのバンド シベリアンスカンク

輝かしい音楽人生を歩んできたと言えるのではないかと思います。中学の同級生4人でバンドを組み、そこからプロを目指し、高校卒業とともにプロデビューというのは相当に実力がある証拠ですね。

2018年には、T.M.Revolution 西川貴教氏が代表を務める事務所「ディーゼルコーポレーション」へ移籍し、2019年、メンバー全員で活動拠点を東京へと移し、活動してきたようです。

2012年にこのシベスカの記事がありました。

沖縄の高校生バンドの頂点に君臨し、数々の大会やオーディションを総なめにしてきた我らがシベスカ。高校も卒業し、いよいよプロのミュージシャンとして活動し始めた彼らは、着実に力を付け、全国の、そして世界のミュージックシーンに旋風を巻き起こそうとしている。メジャーデビューも決まり、今、ノリにのっているシベスカ4人にインタビューを行い、音楽のこと、仲間のこと、そしてこれからのことについて話を聞いた。

ということで、当時の喜屋武さんのようすもわかります。19歳ですから、今と比べてもやっぱり若いですね。髪型はグレードアップしましたが、この時から始まったのですね。

アーティスト シベリアンスカンクの紹介記事

この記事の中にも、母校の豊見城南高校のことが出てきます。母校の先生にも強く応援されて、さらに母校でも演奏活動をしているなんて、愛されているからこそのバンドですね。

沖縄の人って、ふるさと愛があるというか、都会に流されない沖縄人?の心を持っているように思います。

喜屋武さんの現在のお仕事

喜屋武さんは、2021年の3月にバンドを解散して、それぞれの道を歩み出したので、バンドの活動はしていないのですが、音楽にかかわることは何かしらしているものと思われます。

現在は、このユーチューブやtiktokでの配信が生活の収入源になっていることは確かですし、今までの貯えもそれなりにあるのではないでしょうか。

まだ、28歳と若いので、これから何をされていくのか、ユーチューブの配信で明らかにしてくれるのではないでしょうか。

解散時に配信された解散にかかわるメッセージです。

喜屋武さんのバンドのシベリアンスカンクは、それぞれの道を歩むためには解散するという選択になったのでしょうが、楽曲は永遠に残りますし、いつかまた再結成もないとは言えませんね。

まとめ

沖縄訛り喜屋武さんのプロフィールや経歴について調べてみました。

  • 本名:不明だが、バンドではマーサーと呼ばれている
  • 出身:沖縄県豊見城
  • 身長:169㎝(Twitterでコメントしている)
  • 学歴:豊見城南高等学校
  • 経歴:ミュージシャン、シベリアンスカンクのベーシスト&ボーカル、中学時代にバンドを結成し、高校ナンバーワンバンドになった。高校卒業後にメジャーデビュー、2021年3月解散
  • 仕事:ユーチューバー
  • 現住所:東京

沖縄訛りの喜屋武さんは、ヤンキーかとも思っていましたが、歴としたミュージシャンでした。

バンドが解散したことで、今は、ユーチューブでの配信がパフォーマンスになっていますが、バンド時代からも盛り上げ役として、力を発揮されていたようですから、ユーチューバーとしても、多くの人脈を得て、意外な活躍をされていくのではないかと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました