【必見】車椅子美女みゅうのプロフィールWiki!事故やモデルも調査!生き方に感銘

引用:myu-official.com

車椅子ユーザーでモデルをされているみゅうさんです。

チャンネル名は【みゅう♡足は姫にあげた】なんとコミカルで前向きなネーミングでしょう!

モデルという仕事があることが強み?でもありますが、調べてみてこの人は立派ということがわかりました。人生に悩んでいるすべての人はこのみゅうさんの話を聞いてみてください。世界が変わるかもの知れません。

生きることの意味?がわかるような気がします。

今年2021年の10月にスタートして、2か月ほどで7万人を突破しました!

知名度があるみゅうさんですし、積極的に他のSNSでも発信されていますね。オリンピックの閉会式にも出演しました。

そんなみゅうさんはなかなかすごい人だと思います!

スポンサーリンク

車椅子美女みゅうのプロフィールWiki!

既に多くの方の目に留まり、メディア露出度も高いみゅうさんですが、まだ23歳です!

いったいどんな人生を送っているのかを一気読みできるようにまとめました!

  • 本名:葦原 海 (あしはら みゅう)
  • 年齢:23歳 1997.11.14 生まれ
  • 出身:愛知県名古屋→千葉県
  • 職業:モデル・タレント
  • 血液型:B型
  • 趣味:お菓子作り・セルフネイル
  • 子どもの時の習い事:習字、水泳、塾
  • 子どもの頃の夢:水族館の飼育員、大道具屋さん
  • 好きな色:赤
  • どんな性格:わがまま、気が強い
  • 睡眠時間:3時~9時

以上は、みゅうさんが視聴者の質問に一問一答で答えているものですが、詳しい解説はほぼありません。上記のプロフからはどんな人なのかわかりにくいですね。わがままで気が強いということならあまりいいイメージにならないようにも思いますが、その人を知るには、その人の話を聞くのがいいでしょう。

おすすめの動画が下に続きます!モデルの部分も大事なのですが、本人の大事にしている部分をこの動画で理解できるのではないかと思います。

車椅子美女みゅうさんの考え方や生き方で感銘を受けたところが次のことです。

  • 自分を障害者という視点で物事を見ていないところ、ありのままの姿を受け入れてそこからスタートしている。
  • 人生を楽しみたいために心がけていること:
    生まれ変わってもまた自分になりたいと思う人生を歩むこと
  • 座右の銘:向き不向きより前向き
  • 自分のいいところ:自分のダメなところを受け入れている自分
  • ストレス対策:我慢しないこと、自分に正直に行動する

事故で両足がなくなってしまったことで落ち込むことなく、じゃあどうするか、車いすがあるからそれをすぐに注文したという。今あるところからどうする?という行動力ですね。

全く悲観しなかったというのですから、驚きとしか言えませんね。健常者の頃からいわゆる普通な感覚ではなかったようで、人と違ったことをする志向性があったようです。

しかし、それにしても両足がなくなっても可能性を追求する気持ちや行動力はそんなにすぐに出てくるとは思えません。みゅうさんは本当に何事にもとらわれない本当に自由な心の持ち主なのでしょうか。

スポンサーリンク

車椅子美女みゅうを知るならこれを見よ【必見】

この2つの動画は質問に答えている内容ですが、みゅうさんの根本的な部分がよくわかるのではないかと思います。みゅうさんを知るうえで肝になる内容ではないでしょうか。

スポンサーリンク

車椅子美女みゅうの事故について

みゅうさんは高校生の時(16歳)に事故で両足を切断することになってしまいました。それ以来、車いすユーザーとして生活しています。

どんな事故だったのか、誰もが悲惨な事故を想像してしまいますね。両足と言っても、大腿部どころか腰から下の切断ですから想像できません。

みゅうさんは事故の様子についてはあえて内容は伏せています。

それは、事故の内容が非常に稀な内容で、それを明かすことで加害者の特定や人権に影響する可能性があると話しています。

両足をなくす事故にあい、その相手に対しても思いやる心でいられることがおどろきです。相手を責めるということがなかったのでしょうか。

なくなってしまったことは仕方がない。これからは前を向くだけ。

そんなことって、できる人っているのかなと思いませんか。

みゅうさんは両足がなくなっても一切悲観しなかったと言っています。この人の生き方をもっと知りたいと思いましたね。

最近、みゅうさんはファンの方々からの質問に応えるべく、切断されている状態を動画配信されました。㊙初公開として、モデルの仕事をしている現場の映像から、みゅうさんの身体的な様子を確認することができます。

この映像を私たちはどう見るべきなのか?みゅうさんの言葉を借りるなら、「かわいそう」とか「哀れみ」の気持ちやまなざしで見ない人になりたいですね。

健常者という言葉はあくまで区別として使用しているのだと思いますし、生涯を抱えている多くの人たちを一人の人間の個性として見れるようになりたいと思います。

車椅子美女みゅうがモデルになったわけ

みゅうさんは高校卒業時に専門学校への進学を決めていて、映像やテレビの世界に進みたいという願いを持っていたようです。また、自分のやりたいことがその専門学校が合致していたので、入学を希望していました。しかし、みゅうさんのような車椅子の障害者を受け入れてはもらえず、断念しましたが、その時に別のところからモデルの誘いがあったということだそうです。

みゅうさんは、テレビの裏の世界を見ていきたいという思いがあったので、これなら叶えることができるかもしれないということで、モデルの世界に入りました。

積極的に行動してきたことが、運を引き寄せたのか、行動することで人の目に触れたり機会に恵まれたりしたのではないでしょうか。

両足がないから、モデルにならないと普通の人は思いますが、いろいろなところにニーズがあり、一生懸命やっている人には誰かが手を差し伸べてくれるのですね。

これも偶然ではなく、みゅうさんの人徳だと私は思います。

綺麗で美人だから、モデルに選ばれたと言えるかもしれませんが、それは結果論です。

だってそうでしょう。両足が腰から下がなくなってしまった時点で、モデルの世界が待っているなんて思いますか?

現在では身障者のモデルさんはたくさんいらっしゃるようですが、それだってそれぞれの人生があり、歩み方が異なり、でも少なくとも不平不満を言いながら生きているような人には巡ってこない人生ではないかと思います。

まとめ

車椅子美女みゅうさんのプロフをまとめていて、身障者のモデルさんか、珍しいなあと思っていました。はじめはそうでした。でも、みゅうさんの中身は立派過ぎるというか神様仏様のレベルのように思えてきました。

もう一度言いますが、この車椅子美女のみゅうさんはまだ23歳!この人の人生は始まったばかり、それも両足がない人なんです。

その人がこんなにも生き生きと人生を生きている。幸せになれるかどうかは、本当に自分自身の気持ちだけですね。

私は教師時代に「ありのままに生きる」ということをテーマにして、子どもたちに教えていたことがあります。

人だけではないですが、同じようにやるとかできることがいいことという呪縛から逃れることが難しいです。多様性と言いながら、何も理解できていないかもしれません。

みゅうさんのありのままに生きる姿や物事の捉え方は、子どもたちにも大人にもすべての人の知ってもらいたいと思いました。

もしも、このブログを教師の方が読んでいらしたら、このみゅうさんのことを教材として考えてみてはどうかと思います。

現在登録者数は10万人まで到達していませんが、みゅうさんは10万人達成を目標にしています。YouTubeでの活躍はより多くの人に影響を与えますから、人生に悩んでいる人や普通にこだわって言うような人には、大いに参考になるみゅうさんの存在にだと思います。

車椅子美女みゅうのプロフィールWiki!事故やモデルも調査!生き方に感銘

コメント

タイトルとURLをコピーしました