家庭学習

スポンサーリンク
家庭学習

小学生国語読解力ドリルおすすめはふくしま式!?国語力向上のためにやること

中学生になる前に国語の力をつけておかないと、中学校での会話も勉強もついていけなくなる可能性があります。 小学校の勉強で国語の読みの点数が悪いという子どもはあまりいませんが、国語は読めればいいという感覚で言葉の勉強をきちんとしていないのが現状です。 小学校の授業も物語や説明文の読み取りが主で、言葉の学習時間ははっきり言って少ないです。教科書で勉強しているだけでは国語の力は伸びません。 そこで、苦手な子どもに国語力をつける手立てを紹介します。決して楽ではありませんが、これをやることで確実に国語力は向上するでしょう。
保護者

勉強できない子の特徴は?親は何する?おすすめの教材がこれ!

勉強をやってもできないという人がいますが、そのほとんどは勉強のやり方がダメなんです。 ここでは、勉強ができない。いくらやっても呑み込みが悪いとか、理解ができないという子どもについてお話しします。 たいていの勉強は、そのやり方を徹底すれば、テストの成績アップは確実です。でも、そのやり方を実行していくには、最低限の理解度や基礎力が必要なわけで、勉強ができないという子どもの中にはこうしたもともとの素地力が弱いことが大きな原因になっています。 この勉強ができないとかわからないという子どもの指導は、言って聞かせてもまずできるようにはなりません。でも、ついつい口ペースでやってしまうのです。でも、こどもはやらない。だから、怒り心頭で親は怒るばかり…これじゃダメとわかっちゃいるけどまたやってしまう(笑)。なんてことに陥っている家庭のなんと多いことでしょう。 勉強ができない子どもに親はどう対応すればいいのか、どんな学習をさせるほうがいいのか、おすすめの教材や家庭学習のさせ方を紹介します。さっとこれを読んで即実行です!
保護者

【成績が伸びる風水】学力アップ成績アップの観葉植物も?子ども部屋の風水について

新年度が始まって、子どもたちは学校生活に張り切っています。勉強も頑張っているところ。でも、学習は継続が力なり。家での勉強がそのことの成績を左右します。どうして勉強しないのか?それは、家の風水が関係しているかもしれません。子ども部屋はどんな状態でしょう。子どもの勉強する部屋の環境を整えることは学力アップに大きく影響します。風水でそれが改善できるなら使わない選択はないでしょう。観葉植物なんてものも意外にポイントだったりするようです。風水でやることはそんなに難しいことではないです。ついでに家全体の風水にも手を入れてみましょう。意外にも住みやすく、帰ってきたくなる家になるみたいです!
家庭と学校

宿題多すぎる⁉小学校宿題多いのか?宿題の出し方や親の協力について

小学校時代に宿題というものは、子どもたちを苦しめているイメージが大きいのですが、この宿題も学級や学年よってその量もまちまちです。今までの経験から考えますと、宿題の量が多い学級の方がどちらかというと成績のいい子どもが多くなる傾向です。 それは小学校の宿題は、練習に練習を重ねることで身につく内容が多いからです。この時期の子どもたちの暗記力は大人のそれをはるかに上回るのですから、どんどん覚えさせるという方法がどうしても多くなります。 小学校の宿題が多すぎるという感じを持たれるかと思いますが、これを乗り越えることで家庭学習の習慣が着実についていきます。 大変なことでも繰り返すうちに平気になってくる。この理屈です。 先生として宿題の出し方にについて、親に宿題への協力についてどう伝えていくか、大事なポイントをまとめました。
家庭と学校

共働きでも習い事をおすすめします!共働き子どもに経験や学力を

経済的に余裕のある家庭とそうでない家庭の子どもの学力は小学校段階でも格差があるといわれています。しかし、共働き家庭が多い現在、共働きの家庭がいくら経済的に余裕があっても、子どもへの接し方が少なかったりや生活体験が不足していると、学習への意欲がわかない子どもになってしまうのではないかとずっと思ってきました。 子どものうちにいろいろな体験や経験、見聞がある子どものほうが能力が高いということも目の当たりにしてきました。何もしないでゲームばかりだとしたら、かなり心配です。ものすごく損な時間を送っていることになると思います。 小学校の子どもに何か習い事をさせたいとお考えの保護者の皆様。特に小学生のお子様がいらっしゃるならばぜひともご一読下さい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました