五輪聖火リレー辞退ツイートでもわかるSNSの気軽さと無責任さ!?

聖火が始まったことで現実味を帯びてきたオリンピックだが、コロナになんか負けないぞという姿にも映る。

昨日から聖火ランナーの日本縦断が始まりましたね。

紆余曲折のオリンピック開催になるでしょうが、国民の声はどちらかというと白けムードや反対の声が多いように感じますね。

事前に2週間隔離状態になることを承諾した上での聖火ランナーだと聞くが、芸能人が2週間休むリスクを背負ってまで聖火ランナーをするのだろうか?

聖火リレーの間際までランナーの辞退の報道が続きますね。
これでは、聖火リレーの期間中も辞退される方が出てくるのではないですかね。
オリンピックそのものは別としても、今の状況で聖火リレーを行う理由がよくわかりません。
莫大な経済効果を見込めるわけでもないし。
逆にコロナのことを考えると無用なリスクを背負い込むだけに思えてしまいます。

箱根駅伝でも沿道での応援を控えるようにと言っているのに殺到していましたからね。

聖火ランナーで著名人が走ってもしクラスターでも起これば叩かれるのは、走る本人。そのリスクも避けたいと思う。
本当にコロナ禍でもしたいなら少しでもリスク減らすこと考えればいいのに官邸が衆院選挙勝つためしか考えてないから強行しそうだ。

走ろうと強い意志を持ってる方には失礼な言い方になるかもしれないけれど
いま、走ったとしても全世界、特に日本国民の想いを背負って走るという役目は果たせないと思います。
国民の想いは違う方向に向かってますし・・

コロナの影響は心配ですが、前向きに考えることで試練を乗り越えたいと思うことは間違っているのでしょうか。

著名人のランナー辞退は仕方ないことです。あえて出場しないことで人が集まる可能性を低くするのも選択として当然と言えば当然でしょう。

もともとこうして著名人の参加で盛り上げたい方針があったのですから、オリンピックだから盛り上がるのではなく、自ら盛り上げようとするから盛り上がる。能動的のほうがいいですね。受け身では物事は先に進みませんからね。

 

さて、ツイートの内容は、一見して特に間違ったことは述べていないと思います。言論の自由が保障されている日本ですから、何を言ってもいいでしょうし、SNSのおかげで自由に?誰でもモノが言えるのですが、大事になことは、モノをいうときにはたぶん相手意識があって、誰に対して言うかということになるはずです。
ところが、このツイートなどはほぼ「つぶやき」だったり、内なる感情を吐き出しているように思います。

そういう私もこのブログでいったい誰に向けて書いているのかということですが、この記事の相手は情報を正しく受け止めてほしいという狙いがありますから、SNS上で気軽につぶやいている人たちに向けてでしょうか。

以下の記事は、聖火ランナーとして、五輪にかかわろうとしている一人のハイヒールリンゴさんが書いたものです。

先日ネットで読んだ雑誌記事には「走る前に2週間も“隔離”される」という内容が。もし、それが本当なら正直私もさすがに「2週間はキツい。」と慌てて聖火ランナーの公式ホームページを調べたのですが、そこに書かれてあったのは「会食や密集を避ける」「健康チェックシートをつける」など、今普通に生活していることや、その延長線のことばかり。それなのに「隔離」という衝撃的な言葉が一人歩きし、まことしやかに広がってしまったようです。

例えば新聞なら記事の場所や大きさで重大性の違いが分かりますが、ネットだとどれも同列のため、不確かな情報がデマとなって飛び交いかねないこと。媒体によって正確性を期しているメディアと、いたずらに煽りたいメディアとがあるのはニュースを読み取る側が注意しなければならないことです。「え?」と思うことがあれば自分で調べ、取捨選択する力がますます必要になっていると感じます。

それでなくとも、五輪を巡る最近のニュースは差別やジェンダーバイアスなどセンシティブな問題をはらんでいるものばかり。今回のことでいえば、「やるなら盛り上げたい、何らかの形で参加したい」と思っている人の気持ちはどうなるのでしょう。マスコミが正確な情報を報じるのは当然ですが、良いニュースも悪いニュースも、まずはソース(情報源)を確かめて、「判断する目」を養っていかなければならない時代が来ていると思います。
引用:まいどなニュース

そもそも、五輪に向けてはじめから日本国民は盛り上げていなかったように私は感じます。国民性というか、静かに見守るという姿勢がほとんどではないかと思います。日本人はどちらかというとリスクを負わない性格だと思います。
安全第一で保守的なところが国民性です。
それは、日本の教育がそうしてきた経過もあるでしょうから、政治や思想も土台にありますね。

五輪が盛り上がらないというのは、自分の周りにそういう人たちがどのくらいいるかではないかと思います。私は長野県民ですが、あの長野オリンピックのときでも、同じ長野県でも五輪会場がない地域の人間は割と盛り上がっていないのです。
何があっても関心があるか無いかということでしょうね。
関心のない人が言うことと、関心のある人が言うことではその土台が違うわけですから、「なんで?」となりますよね。

ですから、誰にモノを言うかということは本当に大事ななことですね。
そして、その人が何を問題視しているのかとか、心配しているのかということに注目しないと、話は嚙み合いません。

情報があふれていると言いますが、注目してほしい情報にすべての人がちゃんと見てくれているとは限りません。それなのに、みんなが口々に言っていることが正しいことなんだと思ってしまうことが怖いことです。
ハイヒールリンゴさんも話されているように、情報の読み方や判断力が必要であり、さらに、SNSで発信することは大いなる責任が必要であることを自覚しないといけないと思います。

誰が発信したのか今ではわかるものですが、匿名だろうがなかろうが自分の言ったことに責任を持つとか持たないとかそういう何かに縛られるのではなくて、発言というものははじめからその人がそれを大事にするものです。

言わなければ何もないけれど、言った以上「自分の言ったこと」という事実は消えることはありません。自分の言ったことに自信を持てる世の中にしたいものですね。

つぶやきは人に対して言うことではないのですから。聞かなくてもいいことなら発信することはどうなのだろうと思います。

今一度、SNSの発信についてそれでいいのかと、考える時間を持ってほしいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました